商品説明

プッシュバックラッキングは、通路の両側にパレットを2つから6つまで配置できることで、従来のラックよりも収納密度を高め、収納方法を革新します。この革新的なシステムは、ドライブインラックの密度と単一通路の選択性の利点を組み合わせたものです。

各通路には、ホイール付きカートまたはローラーが戦略的に配置され、最初のパレットは最上段のカートに置かれます。次のパレットは、既存のパレットを後方に押し出すことで積み込まれ、新しいカートまたはローラーが現れます。パレットが取り出されると、後方のパレットは容易に前進し、スムーズで効率的なプロセスを確保します。


プッシュバックラッキングの種類:プッシュバックラッキングには、プッシュバックとシャトル、およびローラーがあります。シャトルシステムは、レール上の可動シャトルに各パレットを預けることを含み、ローラーシステムは、わずかな傾斜で構造体に固定されたベッドを使用します。両方のタイプとも、倉庫や配送センターの在庫管理に効率的な解決策を提供します。

プッシュバックラックの動作方法:プッシュバックラックシステムは、傾斜したレール上のカートまたはローラーから構成されています。フォークリフトがパレットを最上段のカートに積み込み、新しいパレットが追加されるたびに、以前に積み込まれたパレットを後方に押し出します。降ろす際は、このプロセスを逆にして、パレットを手前に引き出します。このシステムは、在庫回転が頻繁に行われる企業に特に有利です。


プッシュバックラッキングの利点:

  • 選択的および高密度の収納が可能。

  • 標準の選択的ラックと比較して、2倍から3倍の収納スペースを提供。

  • システムにフォークリフトが入らないため、最小限のメンテナンスが必要であり、アップライトへの潜在的な損傷が減少。

  • シャトルとローラーシステムの両方に制御されたブレーキ用の安全機構が組み込まれています。

  • 他の調整可能なパレットラックシステムと互換性があり、冷凍庫や冷蔵庫に適しています。

  • スペースの優れた最適化により、コストの節約が実現されます。

プッシュバックラッキングのデメリット:

  • 最前列のパレットのみがすぐにアクセス可能です。

  • わずかな斜面が垂直高さの収納を失う可能性があります。

  • 日付の精密な回転が必要なアイテムには適していない可能性があります。

  • 4〜5つのパレットまでしか対応できません。

  • 効果的なプッシュバックには、負荷の統合性が重要であり、一部の負荷は十分な強度がない場合があります。

プッシュバックラッキングシステムの構造:このシステムは、フレーム、ビーム、クロスビーム、ダイナミックプロファイルからなるベースの金属構造体で構成されています。シャッターやローラーは、構造内で移動を生成