商品説明

Four-Way Radio Shuttle Systemは、貨物の位置管理(WMS)および機器のディスパッチ能力(WCS)に対する包括的なソリューションを提供し、システム全体の安定した効率的な運用を確保します。無線シャトルとエレベーターの運用による遅延を排除するために、エレベーターとラックの間にバッファーコンベアラインが戦略的に組み込まれています。無線シャトルとエレベーターは、両方ともパレットをバッファーコンベアラインにシームレスに転送し、運用効率を大幅に向上させます。


この革新的なFour-Way Radio Shuttle Systemは、低い倉庫や不規則な形状など、さまざまなアプリケーション環境に高い適応性を持っています。入庫と出庫の効率に大きな変動があり、高い効率が求められる運用要件を満たすのが得意です。システムの柔軟性により、プロジェクトの拡張や機器の追加がシームレスに行われ、バッチオンライン展開が容易になり、顧客の投資圧力が軽減されます。


システムの利点:

標準化された管理プロセスと効率化された運用:

システムは標準化された管理プロセスを確立し、全体的な運用を簡素化して効率を向上させます。

コンピュータ化による正確な資材在庫管理:

コンピュータベースの管理を活用して、システムは明確な資材在庫の記録を維持し、正確な資材保管場所を確保します。

科学的なコーディングと包括的な資材およびコンテナ管理:

システムは科学的なコーディングアプローチを採用し、資材とコンテナのコードを効果的に管理します。

入出庫のコードスキャンによる精度と効率の向上:

すべての入出庫プロセスにはコードスキャンが含まれており、運用の精度と効率が大幅に向上します。

高度な在庫管理機能:

ユーザーは、効果的な在庫管理のために資材情報と保管場所を照会できます。

端末機能により、在庫目的や調整のために直接資材を選択できます。

包括的なログ管理:

システムはすべての操作を記録し、作業活動の追跡のための証拠となる詳細なログを提供します。

ユーザーと権限の管理:

ユーザーの役割は定義され、運用範囲が制限され、効果的な管理が行われ、セキュリティが確保されます。

ストレージ資材データのリアルタイム共有と管理:

システムはストレージ資材データのリアルタイム共有と管理を可能にします。

日次、週次、月次のレポートなど、カスタマイズされたレポート出力が生成され、分析と文書化の目的でエクスポートされます。