商品説明

リモートで制御されるシャトルラッキングは、倉庫内のパレットストックを管理するより効率的で安全な方法を示しています。この革新的なシステムは、倉庫や配送施設内の利用可能なスペースを最大限に活用するよう設計されており、日々の運用を効率化します。シャトルラッキングの概念について掘り下げ、その多数の利点を探ってみましょう。


シャトルラッキングとは何ですか?

シャトルは、パレットラッキング内の格納されたアイテムを移動させるために設計された専用のカートまたはスレッドです。トラック上を走行するこのシステムは、著しく高い収納密度を可能にし、スペースの使用を最大限に最適化します。

シャトルラッキングは、人間の操作者がフォークリフトを通路を上下に移動させる必要をなくし、倉庫作業員、機械、パレットラックへのリスクを減らし、時間を節約します。大量のパレットを取り扱う倉庫、例えば冷蔵庫、肉加工、食品・飲料配送などの倉庫に最適であり、各パレットおよび各通路に複数のアイテムが格納されている配送センターにはあまり適していないかもしれません。


シャトルラッキングシステムはどのように機能しますか?

シャトルラッキングシステムは、通路アクセスに応じてFIFO構成(先入れ先出し)またはLIFO構成(後入れ先出し)で動作します。リモート、無線信号、またはWiFiを介して制御され、人間の操作者がシャトルに命令を送信します。シャトルは、満杯のパレットを拾い上げ、統合されたレールを使用して、ラック上の次の利用可能なスペースに輸送します。通路の端にある垂直レールにより、シャトルはレベルを上下に移動し、最適なスペース利用を確保します。


シャトルラッキングの利点

シャトルラッキングには次のような多数の利点があります。

オペレーターにとって学習曲線が少なく、簡単に使用できます。

迅速な在庫位置決めにより、時間とコストが節約されます。

通路でのフォークリフトの必要性を排除する、準自動システム。

人員を少なくするため、利便性と効率性が向上します。

迅速な積み込みおよび積み下ろし時間で、しばしば数秒で完了します。

正確なパレットの整理により、人的ミスのリスクが軽減されます。

高密度の収納能力により、ラックの高さと奥行きが増加します。

小規模な倉庫に適しています。

エネルギー効率が高く、不規則なスペースやさまざまな荷物の種類に適応します。


シャトルラッキングのデメリット

利点にもかかわらず、シャトルラッキングにはいくつかの欠点があります。

故障が発生すると、バックアップシステムがないため、ダウンタイムが発生し、メンテナンスが必要です。

初期設置には高い前払い費用がかかります。

運用人員には、システムの運用およびメンテナンスの両方についての専門的なトレーニングが必要です。

特定のアイテムのピッキングを必要とする操作には適していません。


ただし、シャトルラッキングの全体的な利点は、コスト削減、生産性向上、大量の在庫を効率的に移動するための理想的なソリューションであるため、そのデメリットをはるかに上回ります。頻繁に大量の負荷を処理する倉庫に最適なシャトルラッキングは、目標を達成し、顧客を感心させるための貴重な投資です。詳細については、お気軽にお問い合わせください。